2017/03/29 (Wed)

ディスレクシア中学1年生の日本語&英語の取組み

息子がディスレクシア(失読症)と解り、
中学生活を無事にスタートする事が出来るか?
とても大きな心配だった。

小学校時代は「息子のペースで学校生活を送る事」で、
最後の6年生は学校を休まず皆勤で締めくくった。
これは息子の揺るぎない自信になった。

中学校は「文字の集中疲れで学校を早退と欠席しない事」、
「学習障害を持ちながら成績評定をもらう事」、
「中学校には理解と支援、級友からは理解を得る事」
が重要だった。

物凄く集中し消耗するとリラックス時に
「チック」が出る事に変化はないが、
「激しい頭痛やふらつきや体が動かなくなる事」
は殆ど落ち着いている。

無事に中学1年生を終える事が出来た。

★家庭での取り組み★(日本語)

(中学校)

小学校から申し送りをしてもらっていたので、
入学後に学校側とすぐ面談をしてもらう。

言語科で言語聴覚士さんから小2~継続し、
文字の書字識字訓練を受けている事、
その内容や知能検査から判断する苦手箇所の偏り。
小学校でどのような学習支援を受けたか。

細かく伝えました。

・定期テストの問題にルビを付けてもらう
・定期テストの文字フォントをゴシック体にしてもらう
・授業を集中しすぎて疲れてボーっとする事があるが、
 さぼっている訳ではないので誤解しないで欲しい

など要望を伝えた。

息子が持つ特性に対し、
中学校側は理解と支援をしてくれたけれど、
個人面談の際、
「息子は良く出来る子。真面目に授業も受けています。
 一見して不思議なところもありませんので、 
 話を聞いて本当なのか・・・と思ってしまう」
と話をされてきました。

1年生最後の面談で先生が、

「市の学習調査のマル付けをした時、仰る意味が漸く解りました。
 高校入試が心配だと言うご両親の気持ちも。
 この1年で息子さんの為人も。そして、どういう事が出来て、
 どんな事が苦手なのかも、それに対してこちらが何が出来るのか。
 各教科担任も校長も学校で出来る働きかけをバックアップします」

もうすぐ中学2年生。
高校入試の内申点が含まれる学年です。

ちなみに、市の学習状況調査の問題は
「ルビつき」で対応して頂いていました。
「時間内に問題が最後まで読めて良かった」

が息子の感想。

(学習塾)

短時間でポイントを抑え、反復する学習。
また高校入試の必要な情報分析が親は難しいので、
それを求め学習塾に通っている。

娘の高校受験を経験し、
娘と同じ時期に息子が入塾した場合、
塾の講義についていけないだろうと懸念した。

言語科の言語聴覚士さんとも相談し、
本当は中学校入学と当時で・・・と思っていたが、
塾では小6の冬期講習から中1がスタートしたので、
このタイミングで入塾。

入塾にあたり、塾長には学習障害がある事を説明。
どんな事に困るのか、文字からの内容理解は難しいが、
口頭で説明すれば理解は出来る事を伝えた。
「集団クラスについてこれるか、難しい場合は個別へ切り替える」
そう話はされていたが、集団クラスに在籍中。

小6年の冬休みは塾の宿題に半日かける、
解らないところを一緒に考え、答えを導き、
マル付けをする・・・・付きっ切り生活が続いた。
その頻度は減り小学校を卒業する頃には、
毎回の宿題や小テストなど自分で取り組めるように。

塾での年度末面談で塾長から質問。

「講義での口述は良く出来るのに、
 紙ベースで同じ事を問われると問題が解けないのは何故だろう」

息子が持つ困難さと特性を顕著に表している。

入塾の際に説明した事をもう一度伝え、
親が考える息子にとっての優先順位を伝え、
それについて理解と必要な補填をしてもらう。

塾での模試は学校で受けられるサポートが当然ない。
「実践重視型、入試を意識し何度も繰り返し免疫をつける」、
そんな位置づけ。

★家庭での取組み★(英語)

DWE卒業後も見ると聞く生活は変わらず、
と言うより当たり前になっている。
英語を使う場が殆どないので毎週のTEも継続中。

聞く、話すは問題ない。

英語の読み書き文法はDWEで身につけた事を、
中学校や塾で反復している。

英語についてもディスレクシアの特性は同じ事が言える。

・読み進めるのに時間がかかる
・文字から読むと内容が頭の中に入りにくい

この春高校生になる空手の道場生に言われた事。

「英語が解る、話せるっていいよ。
 中学3年間で覚える英語の量は物凄く膨大で、
 どことどこを覚えればいい・・・と言うのがないんだ。
 だから英語が解る事は有利だし羨ましい」

この言葉に上段蹴りをキメられ感じ。

文字を介しての読み書きに問題があること、
それに関しての弊害はどの教科も大きいけれど、
英語に限って言えば、

「解っていることが多いから、
 覚えなければいけない事が少なくて済む」

息子にとっては幸運。

・・・書き出してみて、あっと言う間の1年。

学校でも塾でも友達関係が広がり、
親が知る子供の一面と親が知らない子供の一面。
人づてで窺い知る子供の様子に「へぇ~」と感心する。
子供の世界が広がり大きくなっている。

そして何よりなのは息子が、
「中学校楽しい」と言い登校出来ていること。

それが一番の収穫。



スポンサーサイト

2017/02/24 (Fri)

異国の地にいる実感はいつ?

異国に地に入国しその風景を自分の目で見た時か?
もしくはホストファミリー宅に付き、
一人になってから?

・・・・その辺りでないかと思う。

留学する直前「留学する実感がない」と
娘は口にしていたけれど、
見ていて本当にそんな感じだった。

(当日の朝も荷造りしているぐらいののんびり加減で、
 無事に送り出すまでの私の気苦労は半端なかった)

成田空港につく電車の中や出国手続きの最中も、
いつも通りの姿。

特に電車に乗っている時、
「「切符を拝見しま~す」って某テレビ局の
コントみたいに〇車掌が来たらどうしようね(爆笑)」
並んで座る弟とリラックスモードでした。

車掌さんは切符の確認には来ませんでしたが、
ガードマンが巡回してその度に勘違いし、
私の方を見て「顔に赤い+がない」と
その都度目で訴える娘。本当にマイペース(^^;)

ネット社会と言っても学校留学の為、
日本の高校との決まり毎がいくつかあり、
親子で連絡を取る事は基本ありません。
重大な起これば、
現地(アドバイザー、ホストファミリー、渡航先学校の留学担当)
から日本の高校へ連絡が入ります。
そして我が家へ。

姉と離れて暫く息子は連絡を取りたがっていましたが、
「一番寂しいのは現地にいる姉だから。
 家族として迎えてくれたホストファミリーと
 早く家族になれるように、
 現地の生活に慣れるように我慢しよう。
 いつまでも現地に馴染めないと姉が可哀そうでしょう」
僕の方が可哀そうだと言う息子にそう言い聞かせて、
渋々納得させている。

(今は落ち着いた)

後日、空手道場の仲間から毎日連絡している
と聞いた息子は「僕我慢してるのにっ!!」と
怒っていたけど。

たまに娘のワイドマップに繋がる人たちへ向けた、
写真や簡単な文章で近況報告が上がる。

娘に、聞きたい事や知りたい事がたくさんあるけれど、
それを見て「元気そうだ」と推測するしかありません。


2017/02/03 (Fri)

娘、高校留学へ

既にtweetしておりますが、娘の希望で高校留学へ。

出発

小さい頃から英語に携わっていると、
ふと頭を過る事があるかもしれない留学と言うワード。
憧れる事があるかもしれない留学。

「憧れとはかけ離れ現実は辛く厳しいものだ」

それが我が家の認識です。

本人の意思と自立心が必要なのは勿論、
親も子供を自立させ送り出す覚悟、経済的な覚悟、
そして長い時間となる子離れの覚悟。

これらについて私も気持ちの準備をしてきたつもり。
娘が15歳を迎える頃がピークで、
今の状況を想像しては一人涙する事が多かった。

頭で解っていても想像した以上に、
子供と離れる事への精神的なストレスがある。

よく、結婚、離婚、死別などのストレスは計り知れない、
と聞きますがこれらと同様なのだ思います。
(少なくとも私たち家族にとっては)

自分の意思で高校留学を選んだ娘と付随する親と
違う立場の息子は見るも無惨だった。
姉と会えない寂しさから気を落ちし、
そのストレスは相当なものになっている…

例えるならベイマックスでお兄さんを亡くした男の子みたい。

姉が留学するをどう思うか意見を聞いておくべきだった。
息子に対して配慮が足りなかった。
これについては大失態(>_<)

娘が旅立ち、元気な笑い声が家の中で聞こなくなり、
家の中が静まり返っている事に漸く少しずつ慣れてきました。
漸く少しずつ主人と息子と私の日常生活が戻ってきました。

遠く離れて寂しいけれど同じ地球にいるから・・・と、
娘を信じて家族は応援するのみです。

高校留学についての備忘録、
気持ちの整理をしつつ綴ろうと思います。


2017/01/08 (Sun)

バイオハザード ザ・ファイナル

アリスは何者か?!

作品を見続ける中で常に疑問に思いました。
漸くその答えが明らかになりました。

その答えは過去作品を見る中で予想はついていたので、
答えを知り「あ~やっぱりそうだったか!!」が感想。

でもこれは悪いものを見てしまったのとは違い、
「爽快感」に尽きます!!

シリーズ物は作品を重ねるごとにその質が降下するものが多い中、
バイオハザードのシリーズは毎回楽しませてくれ、
更に続きが気になって仕方のなかった作品でした。

作品の前半ははストーリー云々よりも、
ゾンビ化した人間や生き物が怖くて怖くて、
絶叫系のアトラクションを楽しむ様に、
そのドキドキ感を満喫して・・・最終章ザ・ファイナル。

年明けに放送された「嵐にしやがれ」で主演のミラ・ジョボビッチが
極真空手の稽古体験をされる企画がありました。
(我が家が所属する極真会館の代官山道場で収録されていました)
バイオハザードで磨いた体幹とアクションは素晴らしく、
「初心者なのに上手!!」と子供たちも絶賛。

祝バイオハザード完結 \(^o^)/

2017/01/04 (Wed)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

スター・ウォーズ作品は家族が大好きな作品の一つ。

子供時代に初めて映画館で観た洋画が今で言うところの
「スター・ウォーズ エピソード4」だった主人と。

スター・ウォーズは金曜ロードショーで
同じくエピソード4しか見た事のなかった私。
今から20年ほど前にデジタルリマスター版の
スター・ウォーズ エピソード4・5・6が劇場公開された時、
私は通しでストーリーを追う事になった。

SWリマスター版
↑デジタルリマスター版 旧3部作

そして、物心ついた頃にはスター・ウォーズを見る子供たち。

家族内でスター・ウォーズの取っ掛かりが違うため、
主人がルークの成長ストーリに思い入れが深く、
私と子供たちはアナキンの半生ストーリーに思い入れが深い。

ローグ・ワンはエピソード4へ続くスピンオフ作品と聞いていたが、
内容はその通りであったし、それだけでなく過去に公開された作品を
知る人には話が通じる部分がたくさんあった。
その度に「お~~~~~っ!!」と感嘆したり、
何度も鳥肌が立ったり・・・家族でその繰り返しでした。

最初にダース・ベイダーを知り、
善人だったアナキンがダークサイドに落ちる過程を知り、
それを目の当たりにしたオビ=ワンの葛藤とパドメの絶望。
その果てがダースシディアスの弟子。
良く知るあの姿のダース・ベイダー卿。
エピソード4へ至るまでどれだけたくさんの命が失われ、
ローグ・ワンの話を含めてアナキンがしてしまった事と
してきた事の業の深さに息が詰まった。

人の闇を描くスパイダーマン3部作(アメージングでない方)を
ジョージ・ルーカスが「人のダークな部分を描くのが甘い」と評したと聞いた
事があるけど、アナキンの半生を映画で観ていると納得できる。

・・・たかがお話し、されどお話し。
純粋にお話を楽しみつつ、違う事も考えつつの鑑賞だった。

スター・ウォーズ エピソード8の公開が待ち遠しい。