2017/09/29 (Fri)

世の中がざわつく「早期英語教育」

先日のテレビ放送で
「早期英語教育は否定」が取り上げられました。

世の中がざわつく、この「早期英語教育」、
乳幼児や子供の英語を議論するには様々な視点が必要で・・・
それを一家団欒のお茶の間に向けて、
たった数分で語りつくせるテーマではないのですよね。
否定者も賛成者も伝えたい事が伝えきれていない感じで、
何だかとても切なくなりました。

教育者でもなく、個人的に英語が堪能でもなく、
素人の私が自己責任で子供たちの早期英語教育に関わってきました。
子供たちはそれぞれに大きくなり、
「幼少期の英語の取組みを顧みて答えられる年齢」
に育っています。

先日も某webサイトに子供が答えた内容が掲載されましたし、
私も、

――早期英語教育の効果を実感できるのは時間がかかるため、
最初の一歩が踏み出せない保護者の方も少なくありません。
そういった方々に、何かアドバイスはありますか?

と言う質問にお答えたばかりで・・・このテレビ放送。

1999年7月に公開された、
「スター・ウォーズ エピソード1」は大変印象深い作品でした。
これは映画作品としても衝撃的でしたが、
映画好きで英語が解ったら尚楽しめるだろうと
思って観ていた私に、とても印象に残った台詞があります。

クワイ=ガンがジャー・ジャーに言う、

「話せるから利口とは限らん」
The ability to speak dose not make you intelligent.

これは主人も同じ気持ちだったようで、
「話せるから利口とは限らない」が、
頭にありつつの英語子育てでもあります。

自分が早期英語教育をしていることも、
ご近所に似通った環境をお持ちの方が皆無なのも、
世間一般との英語に対しての温度差も認識しています。
良しにつけ悪しきにつけ飄々とマイペースに、
周りと関りを持たなった事でブレずにここまで続けられています。

さて、テレビ放送での否定について「英語さえ出来ればいい!」と
誤解を招くような進め方がある現実、それらを指して
「早期英語教育は否定」と言うのなら理解できます。

でも早期英語教育は多様なんです。
そこがこの問題を複雑にさせる原因でもありますね(^-^;

先日、「幼少期から英語を耳にする環境で、
 自然に英語がコミュニケーションのツールになるケース」
 と「大きくなってから第2言語として学ぶ英語の違い」

について思うところを書き出したばかりでした。

早期英語教育を肯定するについては、
幼少期から英語を耳にする環境で、
自然に英語がコミュニケーションのツールになるケースが当てはまり、
これは例えるなら「伝達の英語」。

早期英語教育を否定するについては、
大きくなってから第2言語として学ぶ英語の違いが当てはまり、
こちらは例えるなら「思考の英語」。

伝達を英語「が」話せるとするなら、
思考は英語「で」話せる。

その意味は大きく違います。

残念な事にあのテレビ放送で言っていた様に
進学や就職の際、「英語が話せると有利」と
勘違いしてる方はいらっしゃいます。
私の環境で言えば学校繋がりがそれに当てはまりますね。
「留学に対して何を求めるか」も含めて、
親の立場で求めているものの温度差を感じます。

既存の職種が徐々になくなり、
新しい職種が生まれつつある世の中。
10年先がどんな世界となるのか凡人の私には想像がつきません。
それでも子供がどんな環境においても、
自身の力で生き抜いてゆけるよう育て上げなければなりません。
子育ては待ったなし!なのです。

だからこそ、
英語が話せるのではなく、英語で話せる事がどれだけ大事で、
それには思考力が必須である事。
思考力する為に母語の基礎学力の強化と知識力を蓄える必要性。
小さい頃から英語だけに特化し過ぎた際の落とし穴を
テレビ放送を使い有名な先生は言いたかったのではないのかな、と。

あくまでもこれは私の解釈で、
あの番組についての意見はやはり多様だと思います。
人は見たいものだけを見て、
自分が信じたいものだけを信じる生き物ですから。

不思議な事にこどもの英語に、
「早期」とか、語「学」とか、「教育」とか、
何となくお勉強が匂う文字が組み込まれると、
反対派も賛成派も共に白熱するのは何故だろう?

不思議だな、と毎度思います。

因みに我が家の場合、
ディスレクシアの息子から教えられるのは、

「母国語方式で幼少期から英語に触れ、
 伝達の英語を強化出来た事は、
 スムーズな思考の英語への移行に繋がっている」

と言えますね(^_-)-☆


スポンサーサイト

2017/09/24 (Sun)

意識をもって何かをさせる

7月に剥離骨折し、
9月の試合2週間前に通常稽古復帰。
回復期をほぼ設けず試合に臨んだことから、
試合後足首じん帯の炎症を起こして、
現在思うように稽古に行けない息子・・・。

骨折中と同じく上半身補強中心の稽古です。

上昇志向の高い時期は貪欲に、
常設道場で毎日稽古する道場生が必ずいます。

たくさん稽古する・・・
上達を望むのであればこれは大前提。

当然道場に足を運ぶ事に意識を持たねば継続出来ないので、
継続が出来ている事は賞賛に値するだと思う一方、
1度の稽古に込められる意識で当たり前ながら
その内容は濃くも薄くもなる現実があります。

ただ数をこなせば良い訳ではないのです。

「意識をもって何かをさせる」

息子は空手と学習塾の両立で週3ペースの稽古だけれど、
意識をもち稽古をしている。
具体的に意識って何ぞや?の部分も、
具体例を上げて主人は話してくれるので成程と納得出来ます。

空手の↑に関しては私はすっかり素人なので、
子供たちと同じ立場で稽古している主人がいるのは心強い。
師範の見解や先輩方のアドバイスなども、
主人経由で耳に入れる事が出来るので恵まれています。

技術面を高めるにはたくさん稽古をして体に覚えこませる、
加えて、意識して体を使う事で技術と精度が増し盤石な力が付く。

同じ年齢、同じ技術力で「意識」持って稽古をするorしないはあるし、
技術力が伴わなくても「意識」を持ち稽古をする人は、
素人目に見て帯色以上の技術を持っている。

「師範や先輩のアドバイスを素直に受け止め、
 稽古中にそれを意識する」

この難しい事が素直に出来るのに、
私が日々お願いする数々の事は見事にスルーな子供たち。

8月の留学レポートで娘が、
「早く空手やりたい」と言っているとアドバイザーさんから報告。
これはとても嬉しかった(#^.^#)

娘と息子これからも変わらず、
意識をもって空手と向き合い続けて欲しい。


2017/09/08 (Fri)

グローバル社会の現場での英語

別媒体で発信したら反響があったので、
ランキング不参加になっていて反響はなさそうなブログ村、
本家 原人キッズにも記録を残そうと思います。

以下、その内容。↓↓↓


「幼少期から英語を耳にする環境で、
 自然に英語がコミュニケーションのツールになるケース」
 と「大きくなってから第2言語として学ぶ英語の違い」

グローバル社会の現場で実際に英語を使う際、
前者と後者でどう違うのか?また共通して必要な事は??

と考え込んだ。
私がtwitterで過激な発言をしたのがきっかけでお知り合いになった方が、
グローバル社会の現場での英語についてを発信されていて
共感する事が多かったのだ。

これについて、前者の娘に意見を聞いたところ
「WFマガジンの卒業生インタビューを受けた時と同じ事」
を言っていた。ズバッとぶった斬りでした。
勿論、子供がDWEで英語を身につけるためには本質だよな~
って私も思います。
しかし「グローバル社会の現場での英語」について、
当事者としての「意識」がまだまだ足りないように感じます。
そして、この「意識」は前者も後者も必要。

後者で更に英語が出来ない私としては、
幼児向け英語教材で謳われる発音、
「グローバル社会の現場での英語」ではどうでもいいじゃんと言いたい。
確かに「幼少期から英語をたくさん耳にする事で、
発音や英語を英語のまま理解する事」は、
大きくなって始める後者より前者は容易です。
後者はこの力を身につけられなくもないけれど、
本人の熱意と努力と意識が不可欠です。

でもね、マーク先生が仰るように「英語はコミュニケーションのツール」
「多様性を認めよう」のグローバル社会の現場では違います。
EC30周年特別記念公演に込められたメッセージ。
お互いに「たくさんの国や土地の個性があっていい」。
日本人は「綺麗な発音」にこだわり過ぎて、
グローバル社会の現場で大切な「心」や「伝え方」を見失っている。
発音が綺麗じゃないから恥ずかしいと思い、
グローバル社会の現場で英語を使わない、
日本人独自の英語観が足を引っ張っているんだな・・・と。
そして、それはとても残念な事。

「グローバル社会の現場での英語」。
子供に英語を、何のために身につけさせたいか・・・
の本来の目的はこれです。
私、ブログにも書いているのに、
上手く子供たちに伝えきれていなかったと反省。
本質を見失ってはいけないな、とも反省。
原点回帰です!

これは大きくなっても子供が英語と共にある為に必要な事。
もし子供が、英語が身近にある環境にも関わらず英語から離れたとしたら、
親がこの認識足りないからかしれない。


↑↑↑ここまで。

夏にお呼ばれした行事に参加して、
自分が発信してきた事、顔が見えない方たちにどう伝わっていたか?
原人キッズやDWE、WFクラブの記事を実際に読んで下っていた方々から、
幸運な事に感想を伺う機会に恵まれた。
そしてとても驚きました。

我が家のDWE英語子育ては、日々の取組み云々よりも、

「子育ての中で親子がどう向き合うか?」

この部分を肝と認識し暮らしており、
それをDWEや空手に絡めて発信しているので、
DWEの取組みを細かく知りたい方には面白味がないだろうと思っています。

いつまで、
色んな媒体でひっそり発信を続けるか分かりませんが、
どこかで見かけた際は、
温かく見守って頂けると幸いです(#^.^#)

マリー

2017/09/04 (Mon)

留学時に感じた子供の自立について

わが子の環境だけでしか考えが至らなかった、
「子供の自立」について。

娘の空手道場友達から私は教わった。

同じ高校生の道場生、高校を卒業している学生の道場生、
それぞれから、

高校生「空手は続けたいから自分のバイト代から払っている、
    でも学校やバイトが忙しく思うように道場へ行けない」

高卒の学生「バイト代から払うとなると、残金が少なくなり
       空手を続けるか、辞めるか、悩む。
       バイト代がたくさんあるわけじゃから・・・悩む」

娘の空手道場友達の言葉、
小さい頃から知っている子供たちであるが故に、
その発言は衝撃的でした。
そして、幼い頃から知っている子供たちと、
こんな話をする様になった事が更に衝撃でした。

「道場の会費を自身で払っている」事にだけ焦点を当てるなら、
空手道場の友達たちは「経済的に自立」しているのですね。

娘の学校は校則でアルバイトが出来ない決まりになっているので、
娘は自分で会費を払う事は出来ませんが、
「同じ立場だったら果たして払うのか?」
娘がこの立場になった時自分で会費を払うのか?
空手を介して親の立場が問われる訳で・・・
その時がとても恐ろしいです。

一方で親元から離れ他国で生活しているという点では
「精神的な自立」をしている娘。

高校経由で送られてくる留学報告書に目を通すと、
決して楽しい事ばかりではなさそうです。
「世の中は理不尽な事が多い」と言うのを、
親元離れて早く知れる事を今後の糧としてもらいたい。

この話、もっと早くに書きたかったのだけど、
たったこれだけの事が自分の中ですっきり纏まらなくて、
気が付けば7ヶ月が過ぎてしまいました。

どちらが良い悪いでの話でなく、
どちらも親から自立するために必要な過程。

2017/06/27 (Tue)

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演 in 銀座&新宿 千秋楽

EC30_01

2017年6月4日は記念すべき日。

DWE子供と一緒に旅をして・・・そろそろ12年!
から早いもので2年が過ぎました。
息子がDWEを卒業したのを機に、

「DWEの記事は書かない」

と決めたにも関わらず、
今回これを破るのは先にも書いたように、
我が家にとって2017年6月4日は記念すべき日でした。

イングリッシュ・カーニバル(EC)が30年続いてきたのは、
マーク先生を始めWFクラブに携わられた先生方に加え、
歴代のDWE先輩方のご尽力あってのもの。
どれが欠けても成し得ることは出来ません。

「マーク先生と一緒に歴代のDWE先輩方が今のWFクラブを牽引し、
 現WFクラブを築き、私はその恩恵を受けていたのだ・・・。」

そう思う光景を目の当たりにする機会に、
DWEをスタートしもうすぐ14年と言う節目で出会いました。
先生方との絆の深さ、漂う温かい空気を
肌で感じる瞬間に立ち会えた幸運なDWEユーザーは、
おそらく極わずか・・・じゃなかろうか。

憧れのDWE大先輩、
大川世令奈さんのご両親にお会いするという、
長年の夢が叶いました!!

WFクラブやECでマーク先生や先生方から発信される
たくさんのメッセージをしっかりキャッチ&反映し、
また英語と言うツールに捉われず、
子供の好奇心や可能性を探求した子育て。
親子の信頼関係や家族の絆。親の心構え。

世令奈さんのお母様とは文章のやり取りで
お話を伺う機会は何度もありましたが、
実際にお会い出来たのは初めてでした!

DWEの先輩としても人生の先輩としても、
とても頼もしく素敵なお人柄で憧れのお母様です。

DWE大先輩ご夫婦から魔法をかけられ、
夢の余韻を引き連れたまま公演がスタート。

世間より大きく出遅れ30周年特別記念公演を満喫しました!

昔から週末イベントもECも登場するソングの確認をせず、
いつも実際のショーで、その場で楽しんできました。
インプットが足りていれば、敢えて知る必要はありません。

真っ白な状態で観た30周年特別記念公演は、
スタート直後から「娘がいたら良かったね!(涙)」と。
この台詞を息子、主人と共に何度呟いた事か。

娘は現在他国で学校生活を送っています。

彼女が日本を旅立つ前、

「30周年特別記念公演を代わりに見るように!」
「DVDが出るなら必ず買うように!」

の指令とマーク先生への手紙を預かっていました。

その任務を無事遂行し、
私が成した偉業の報告写真を送ったところ、

「はぁ??お母さん何やっちゃってんの???」

事情がよく呑み込めていない様子でした。
息子も何が起こったか解らぬまま、
想定外の出来事を後に振り返り、

「もの凄い1日だった」と。

マーク先生とWFクラブの歴代の先生方が繋げて下さった、
人とのご縁に感謝の尽きない記念日となりました。

千秋楽の2017年6月18日最後の最後の最終回、
これにも参加する事が出来ました。

私は30周年記念公演を実際に観る事が出来た、
これまた幸運なDWEユーザーでした。
SNS上でたくさん公演内容を拝見しますが・・・
まだDVDが発売されていない状況ですので、
その内容がどんなものであるのかは触れずにおきます。

昨今、中学2年生の息子は場違いと感じているようで、
いつもECでは恥ずかしそうにしています。
でもその息子がこの公演に限り、

「歌い、踊り、先生方と一体化」

していました。
息子の歩みと一致していたからでしょう。
本当に楽しそうにしていたので、
その様子を主人と目撃し大変嬉しく思いました。

6月4日の帰りがけ息子から、
「凄かった、観に来て良かったよ!!」の言葉まで飛び出し、
千秋楽の参加も「もう1度観たいから、いいよ」と快諾。
千秋楽が終わった後も、
「あんな凄いショーを観せてくれて、
 先生にありがとうって言いたい!!!」の言葉が。

私自身も、
あっ、これはイントロ聞いただけで娘が泣く歌、とか。
あっ、これは息子が大好きな歌でTEで何ヶ月も歌った歌だ、とか。
あっ、これはメンバーが足りないので一緒に歌い踊らされた歌だ、とか。
あっ、この曲に合わせて娘と息子が踊っていたな、とか。
あっ、これはリズム感の良い娘より、息子の方が上手だったな、とか。
それを口にする度に「同じ事を何度も言っている」と主人に笑われ。

そんな主人も踊り過ぎ先生と同じぐらい、
汗びっしょりでショーを楽しんでいました。

過ぎ去りし幼い日の子供たちの懐かしい、
数々の記憶が思い出され、遠くにいる娘を思い涙。
声変わり真っ最中の息子の成長が寂しく涙。

どうして小さい頃のままでいてくれないのでしょうね。
懐かしい思い出はずっと残り続けるけど、
子供の成長を止める事は出来ないのだろうか。

ショーを見ながら頭を過ぎりました。

ECを観て「あの歌が離れない、頭の中に何度も出てくる~」
と母息子でシンクロしたものが同じだったり。
そんな事が何度かありました、その後該当するECのDVDを見たり。

そしてまた親子で楽し懐かしむ。

2017年6月4日と千秋楽を振り返り思う事の1つ目は、
「続けてきて良かった」です。

心からそう思いました。
DWEに限らずどんな事も続ける中で別れがあり、
また出会いや再び会える喜びに感謝する事もたくさん。
もう2度とお会い出来ないだろう・・・と思っていた先生に
再びお会い出来た事に本当に感激でした。

マーク先生やWFクラブの先生方にはECを通じて、
人としてどうあるべきか、どう生きるべきか、
親子や家族の在り方を考えさせられます。

長年マーク先生が仰っている、

「子供を信じる事」「人と違っていてもいい」
「自分らしく」「子供の夢を応援する」

これらの言葉を長きに渡って耳にしてきましたが、
実際に子供の夢を応援する立場になって聞いてみると、
衝撃が違います!強く強く心揺さぶられました。

マーク先生の言葉を舞台で再び聞き、
またDWEを介しての数々の出会い、
人とのご縁は、「長く続けてきた」からこそだと言えます!

2つ目は別媒体で発言した事がありますが、

子育ての難しさを例えに上げると尽きません、
中でも取り分け難しいのは「人と比べない事」です。

我が家DWEスタートは比較的早い方だと思いますが、
SBSやTEを活用する本格的なスタートは小学生になってから。

結果を直ぐに求めず、やみくもにSBSを繰り返したり、
CAP取得の為の課題提出にこだわらず、
コミュニケーションのツールに英語を足す感覚で、
DWEを楽しんでその先にあったのが卒業・・・
そんなDWE生活を過ごしています。

大きくなった今もそれは変わっていないな、と。

3つ目は、焦らず、人と比べず、子供の持つ力を信じて、
「自分たちらしく」で良かったです。

子供のペースや生活環境は皆違う。
小さいうちにDWE効果を表す取組みもあれば、
小学生以上でもDWE効果を表す取組みもある。
どちらも同じDWE教材とWFクラブのTEやプレイタイムなどの
会員向けサービスだけで英語の土台はしっかり作れます。

「DWE教材ってそういうものだよね」

先生方と共に歌い踊りながら、そう思いました。

最後は、
「DWEやWFクラブは英語を身につけるもの・・・だけでなく、
 子育てのツールに上手く取り入れ、親子の絆を深めてくれるもの」だと。

今でも家族仲良くいられるのはDWEとWFクラブの
マーク先生、WFクラブの先生方が発信して下さる、
温かいメッセージの数々が根付いており、
その影響はとても大きいと感じてます。

子供たちが大きくなった今でも家族内で、
ビックハグは当たり前の儀式となっています。

DWE子供と一緒に旅をして・・・もうすぐ14年!

娘は日本で培ったDWEでのおうち英語力が、
他国(英語圏)の学校生活に通用する事を証明しました。
コミュニケーションもばっちり取れるので、
ホームステイ生活も良好な様子。
国が違うだけで、
「良くも悪くも変わらない生活」を送っています。

DWEは凄し!!

息子は読み書き困難の学習障害を持ちながら、
DWEの母国語方式で無理なく英語を身につけた事が、
学校生活で大いに役立っています。
「学習障害を持つ生徒は外国語では特に苦労する傾向が強いのに、
 息子さんにその傾向が見えないのはどうしてでしょうか?」
と英語科教諭の担任に質問されました。

母国語方式も凄し!!

DWEを卒業し、大きくなっても、
それぞれの夢に向かい原人キッズの旅は続いております。

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演を観て、
どうしても伝えたい想い&残したい想いに突き動かされ、
今回限りの原人キッズのDWE英語子育てブログとなりました。

言葉を慎重に選び、書き綴ったつもりではありますが、
不快に感じる表現があった際、申訳ございませんがご容赦下さい。

また、超長文にお付き合い下さり、最後までお読み頂き、
どうもありがとうございます。

DWEで得た全ての出会いに心から感謝致します!!

Thanks a million!!!!!

マリー

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ

EC30_02