2015/02/01 (Sun)

言葉のこと(日本語)

日本で暮らし、近所の公立学校へ通っている。
常に日本語で暮らしているので、
聞く、話す、読む、書くなど生活言語は日本語です。

息子はディスレクシア(失読症)と呼ばれる、
読み書きに困難さを伴う特性を持ちます。
どの言語であっても文字を識字する事に違いはないので、
どうしても読み書きに困難さが表れます。

聞く、話すなどは開かれたチャンネルであれば、
理解し使う事に問題はありません。

息子が持つチャンネルは今のところ日本語と英語です。

そんな息子の学校でのクラブ活動は、
「漫画イラストクラブ」。
それを知った時何てマニアックな物を・・・と、
息子には悪いけど少し残念な気持ちになったのでした(^_^;)

4年生は科学クラブに在籍したものの、
取組んだ実験が息子が期待していたような内容でなかったらしく、
今回は室内運動(バスケ、バレーボール)を希望し、
抽選で敗れ、5年生では漫画イラストクラブ。

息子は文字がビロ~ンと伸びて見えるものの、
読みにくさを抱えながらも本を読む事が多いです。
(息子はこんな感じに見えるそう)

見え方2

長いお話を読み進めるのではなく、コラム系の読み物が好み。
そのおかげで自然や生き物の知識が増えました。

漫画イラストクラブでの活動が終わりに近づきつつあり、
その活動の集大成として「絵本作り」をしています。
既に話は書きあがっていて、残りはイラストを仕上げるのみ。

途中経過のその作品を見てくれと言うので、
読ませてもらい涙の私でした。
息子が私(母親)に対してどう思っているのか、
心情を綴っているのを垣間見た気持ち。
(どれだけ子離れしていないんだ!と、主人に呆れられた)

文章と文章の繋ぎ方、言い回しの表現。
息子が持つ生物の知識が所々で垣間見られ、
ストーリー性がしっかり練られた内容でした。

これに関しては主人も驚いていました。

毎月1度、言語科で言語聴覚士の先生から
苦手箇所の識字と読み書き訓練を受けています。
そこでの宿題は「文章を書く」事なのですが、
頭に浮かぶ事を文章に起こす事が難しい息子です。

難しい作業(本人はやりたくない)の積み重ねを継続。
気分がのっている時や感動をまとめたい時など、
ひらがなが多い文章ではありますが「長くまとまりのある文章」
が書けるようになってきています!

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

うちの娘も4年生の時はイラストクラブでした。6年の時は優先的に好きな所に入れるので科学です。

2015/02/02 (Mon) 09:30 | アロエ #- | URL | 編集

Re: ★アロエさんへ

科学クラブ楽しいですよね!
漫画イラストクラブではお話の作り方を学ぶ機会があり、
息子の意外な一面が発見出来たので良しとします。
次はおそらく優先的に好きなところへ入れるはずなので、
どんなクラブを選ぶか楽しみです(*^_^*)

2015/02/05 (Thu) 20:49 | マリー #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント