2015/04/24 (Fri)

はじめてのおつかい in 千駄ヶ谷

先日、2015国際親善空手道選手権大会試合が行われました。

息子が望まず(>_<)今回は試合出場はありませんでしたが、
娘が大会スタッフとして参加。
外国人とのコミュニケーションが取れるスタッフが足りない、
これが声掛けのあった理由です。

主人と私は仕事、息子は通常稽古。
娘だけで「はじめてのおつかい」の東京体育館で千駄ヶ谷。

直接師範とお話しする時間が持てず、
集合時間の連絡がメールで伝えられ自宅を早朝出発した娘。
1人で他県まで電車で移動させるのは、
こちらも初めての事で親バカながらドキドキ。

どんな事をしてきたかはたくさん聞き出せなかったけど、

「知らない人ばかりでどうしたらいいか解らず困った」
「ゼッケンが届かないうちに出国した選手の対応」
「防具の取り付けの手伝い」
「世界レベルの型を間近で見られた」

思春期の中学生は良い経験&少し役立てたようでした。

最初、師範からスタッフの話しをされた時、
「え~っ!」だった娘。

学校生活では自分と似通った世代としか付き合いがありません。
「知らない人、知らない場所、違う世代との絡み」
社会に出るまでにたくさん経験した方が良いに決まっています。

子供たちは空手の稽古の中で、
同じ支部内の道場生と縦社会で繋がっている。

大人、大学生、高校生、中学生、小学生、幼年。
大人の括りも、自分たちのじいちゃん世代、親と同じ世代、その前後。
男性や女性、家庭のあるなしなど、様々です。

縦と横の繫がりがある空手で学べる社会構成。

同じ支部内に道場が複数あるので、
普段稽古をする道場内の道場生同士の繫がりだけだった小学生時代。
他道場の道場生と同支部の仲間意識&繫がりが広がっている中学生現在。
試合会場で他支部の道場生と繫がりが広がるか?高校生未来。

Do. Or do not. There is no try!

はじめてのおつかいin千駄ヶ谷、ミッションコンプリート!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

娘さん、大役お疲れ様でした(*^_^*)

とてもよい経験になったことでしょうね。
空手を通じて、これからもたくさんの世界が広がりますように…

2015/04/25 (Sat) 23:14 | う~にゃママ #JalddpaA | URL | 編集

No title

素敵ですね!お嬢さんのこの経験は、DWE等で身に付けた英語の力を、実際に生きて働く英語の力として発揮する場にもなってますね!!


2015/04/27 (Mon) 21:22 | ヒロ #- | URL | 編集

Re: ★う~にゃママさんへ

ありがとうございます!
茶帯の立場上、行事にも積極的に参加するように変わってきました。
自分の世界を広げるのは自分自身。
たくさんの経験をして欲しいと思います(*^_^*)

2015/05/01 (Fri) 18:50 | マリー #- | URL | 編集

Re: ★ヒロさんへ

日本で普通に暮らしていれば英語はあまり必要ないもの。
WFクラブの中だけで英語を使い、実生活では英語を使う事がありませんでしたが、
英語とは関係ないところで役立てる事が出来た。
娘がそう思えるようになるまで長く英語を続けて良かった~
ここまで来るのが長かったけどとても嬉しく思います(^^)/

2015/05/01 (Fri) 19:04 | マリー #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント