2015/09/12 (Sat)

JAXAで宇宙飛行士模擬訓練体験

3年振りのJAXA筑波宇宙センターへ。
今回の目的は「宇宙飛行士模擬訓練体験」でした。

JAXA_5

前回は一般公開日に訪れたので朝からもの凄い人でしたが、
今回は同じプログラムに参加するご家族や見学ツアーの参加者。
それでも思った以上にたくさんの人が訪れていました。

集合時間の1時間前に早々と到着し、
胸を躍らせていた息子と主人。

このプログラムに参加できるのは小学生まで。
参加1人に対し保護者が1名まで見学可能でしたので、
娘と私は一般見学できる展示施設で過ごしました。

スペースシャトル打ち上げ&着陸時に着る宇宙服
(通称パンプキンスーツ)に着替えて、
模擬訓練体験を2種類です。

JAXA_4

「船外活動訓練」「閉所作業訓練」

それぞれを1チーム8人で行います。

船外活動では本物の指令室から船外活動員へ指示を送り、
その指示のもと、船外活動員が作業を行います。
息子は船外活動員だったったのですが、
残念ながら船外活動の宇宙服は1つ。
カメラマンの息子は着る事は出来ませんでした(>_<)
(くじ引きで役割が決まります)

JAXA_3

カメラマンの役目は作業する様子を撮影する事。
指令室からの指示を受け「作業前」「作業中」「作業後」
遠くから全体を近くで作業の手元を指示を受け撮影したそうです。

閉所作業訓練は漫画や映画でおなじみの「宇宙兄弟」と同じです。
閉所に8人が閉じ込められ、指令室からの指示通りの作業を行います。
「指示通りの絵を描いたり」「宇宙飛行士パズル」をしたり、
短時間でもかなりキツかった・・・と息子。

全体の見学を通して「やっぱりチームだな!!」と主人。

子供の頃、天文学者の宇宙飛行士として宇宙に行く、
と言うのが主人の夢だったらしく、
どうやった成れるのか成り方を両親から教えてもらえず、
水での遊泳(競泳の世界)にどっぷり浸り今に至ります。

子供だけの模擬体験でなく、大人だけの模擬体験を実施して欲しいらしい。

宇宙飛行士模擬訓練終了後に、
「終了証」と「ASCAN(宇宙飛行士訓練生)バッチ」が貰えました。

JAXA_2

子供たちとの公約を果たすまで、
ASCANバッチを大切に保管しておかなければ!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント