2015/10/16 (Fri)

立場が変わると見方が変わる

地図を眺めるのが好きだ。

無人島に1冊だけ本を持っていくなら、
迷わず地図帳を持っていく。

私は日本で売られている地図を見ているので、
日本の世界地図はどの部分が白抜きされているか知っている。
日本政府が国境を引き、色塗りする際、その国とどう外交を結びたいのか、
地図で国際情勢が解る所に面白さを感じる。

世界の村で発見!こんなところに日本人も好きだ。

海外へ行かない私にとって、
世界中で暮らす日本人を訪ね歩くこの番組は、
たくさんの価値観の違いを垣間見る事が出来る。
それが良い。

立場が違うと見方が変わる。

先日の世界の村で発見!・・・は、
複雑な背景を抱える国に暮らす日本人を訪ねる内容だった。

地図を見せ「A国からB国へ行きたい」と尋ねたら、
「この地図はおかしい!どうしてここに国境が引かれているんだ!!」
とA国に暮らす方々が激怒していた。

A国の歴史を考えると激怒する理由は良く解る。
一方で良く解ると軽々しく口にしてはいけないのも理解している。
B国の歴史を考えても同じ事が言える。

国や民族や宗教において、完全にお互いが納得し、
解りあえることはないんじゃないかと個人的には思っている。
答えが出せない究極問題の部類だ。

我が家のリビングに貼っている世界地図は古い世界地図。
番組で持ち込んだ地図は2015年現在日本政府が承認しているもの。

我が家の世界地図は古い為、まだB国に国境は引かれていない。

A国ではB国の存在を認めていない気持ちが強い。
B国としては独立したし、隣のA国と良い隣国として付き合いたい。
日本はA国からB国の独立を承認。
B国は日本に対して好意的であるが、A国は非好意的な気持ちが強い。

立場が違うと見方が変わる!
だからこそ知っておかなければならない事がある。

あずかり知らぬところで決められる世界地図の国境。
自分自身がその国に対し良し悪しの感情を持っていなくても、
日本政府が承認した地図を提示する事で「立場を明言」してしまう。

訪ねる国の歴史や背景を知り、
日本政府が世界からどう評価されているのか知る。

立場が違うと見方が変わる。

情報を集め、そこから自分の意見を持つために、
違う方向から物を見る力。
これからの時代を生きていく子供たちに、
また、英語を身に付けたその先を見据え、
身に付けさせたい力の1つだ。

地図は本当に奥が深い。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

地図で地元の方々が揉めているシーン、私も見ました!事情が事情なだけに深い話でしたね。
世界番付、世界が仰天など、世界をテーマにした番組が親子で大好きですが、日本も含めて地理はにがてな私です(^_^;)

2015/10/23 (Fri) 13:20 | lele.mama #ZARfQtuw | URL | 編集

Re: ★lele.mamaさんへ

うふふっ、lele.mamaさんもあの番組を気に入られているんですね。
世界中の価値観を知る番組が少ないなかで、
あの番組は笑いだけでなく、考えたり勉強になる事が多く好きなんです。
私は世界の地理は得意ですが、日本の地理が苦手です(^_^;)
受験生の娘に付き合い一緒に勉強し直し中です(笑)

2015/10/28 (Wed) 19:57 | マリー #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント