FC2ブログ

--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/30 (Fri)

読みの頻度からくる日本語と英語の違い

ディスレクシアの息子、
日本語読みのスピードが上がっている。

言語科での識字書字訓練を始めた当時に比べると、
とても早くなった。先を見据え、
時間をかけて取り組む積み重ね。
その賜物と思う(^^)

もう一つの考えられるのは、
文字で表される日本語に接する頻度。

日常生活で学校で、
文字で表される日本語をたくさん目にする息子。
文字で表される日本語の頻度のから、
読むスピードが上がっているのだろう。

一方で文字で表される英語の方は、
目にする頻度が圧倒的に低く、
文字で表された日本語には及ばない。

日本語の読みに比べると英語の読み頻度は低く、
読みに慣れるのは暫く時間がかかりそうだ。

どちらも聞く話す事に不自由はしていないのに、
どちらも読む書く事はとても不便だ。
でも目にする頻度が上がると読みに慣れる。

日本語と英語のそんな違いを最近発見!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。日本にいると日本語を見る機会は格段に
英語より多いですよね。よりたくさん触れる機会があると、
子供の伸びも違ってくるのですね。
多読にしても、たくさん読むことで自然に文法などや
単語を理解していくというパターンですから、やはり
理にかなった方法なんだろうなと思います。微妙な
ニュアンスは難しいですが、子供のうちならそういう
ことも難なく習得していくのでしょうね。

2015/10/31 (Sat) 18:59 | まめっちママ #- | URL | 編集

No title

さすがマリーさん、確かにそうですよね…言われてみれば、私の娘も、日本語の読みは3歳からはじめているので、日本語の絵本はすごく長いものもスラスラ読みますが、英語のほうは後から始めたので日本語の速さには遥か及びません。
そして、もし同時に始めていたとしても、日本語のほうが遥かに目にする機会が多いですから、日本語のほうが早く読めるようになっていたかもしれません。

練習すること、触れること…は、読みの習得にとって、避けて通ることはできない必須条件なのでしょうね。

そして、息子さんの読みのスピードが上がっているのは、息子さんとマリーさん達のご努力の成果ですね(*^_^*)

2015/11/01 (Sun) 16:03 | う~にゃママ #JalddpaA | URL | 編集

Re: ★まめっちママさんへ

まめっちママさん、コメント頂きありがとうございます!

息子に合わせて音読を続けています。
今のレベルの音読が終わったら、原点に戻ってDWEのBOOKをやろうかと。
内容は覚えているので、中学で英文法を学ぶ際の付箋になればと。

成れし親しんだものを上手く取り入れて、
新しい物にもたくさん触れられていけるといいなあ~と思います。

2015/11/06 (Fri) 19:10 | マリー #- | URL | 編集

Re: ★う~にゃママさんへ

う~にゃママさん、いつもありがとうございます!

習い事も頻度と反復で定着する・・・それと同じで、
英語音読を続けている事で少しずつ身にはなっている様です。
だからと言ってたくさんの事が出来る訳ではないのが辛いところで(^_^;)

中学生がどんな英語を学校で習っているか?
中学生がどんな学科の勉強を学校で習っているか?

その現実は娘を見ると一目瞭然で、
これを息子がこなしていくようになると思うと、
不安が後を絶ちません(>_<)

中学生まであと5ヶ月、準備頑張ります!!!

2015/11/06 (Fri) 19:20 | マリー #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。