2016/05/21 (Sat)

子供の記憶力恐るべし!Part7

老いてゆく母の記憶力と反比例する子供たちの記憶力。

日々打ちのめされる事が多い私だけど、
久しぶりに度肝を抜かれた事があり記録する。

殆ど見る事がなかった映画ドクタードリトルのDVDを見てた息子が、
モルモットが話す声を聞き「あっ、マーティの声だ!」と叫び、
え~ホント?!と確認したらビンゴ。

マダガスカルのシリーズは息子の大好きシリーズなので、
たくさん耳にしていたとは思う。
音をしっかり記憶出来るのが本当に羨ましい。

ユニバーサルスタジオジャパンの15周年CMで、
On Our Wayが流れた時に娘が「gleeで流れてたよ」と言い、
調べてみたら同じくビンゴだった。
ドラマは1度しか見ておらず何で覚えていられるのか、
不思議でならない。

初ナイトミュージアム3を見ていた時も、
キャメロット舞台シーンの歌声を聞き「ジャンバルジャン!」と叫んだ娘、
そのまま画像がアップになりヒュー・ジャックマンが!
私が、アッティラ人何となく何処かで見た事あるけど思い出ない・・・
と言ったら「gleeのケン・タナカだよ」と息子が即答。

これは勝手な推測だけど子供たちは、
同世代の日本人より音の記憶力が高いんじゃないかと思う。
日本語と英語の二つの音を耳にする環境で育ったことで
音域が広くなり、鍛えられたことで聴力も良いのかもしれない。

我が家の子供たちが特殊だと言うのではなく、
小さい時から英語に触れている
「おうち英語の子供ならではの特技」だと思えてならない。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント