2016/08/15 (Mon)

ホホジロザメが見たい!

そう強く思うのは私。
そして主人とサメ好きの息子も。

ホホジロザメ

を見に、久しぶりの国立科学博物館へ。

中学に入学して暫くたった頃息子から、
「たくさんのはく製が展示してるところへ行きたい」
とテレビを見て思い出したらしくリクエスト。

たまたま新聞で海のハンター展を目にし、
その日から夏休み行こうと密かに決めていました。

想像以上、液浸標本は凄い迫力!

ホホジロザメは稀に飼育されることもありますが、
環境を整えるのが難しいく長く飼育されることはありません。

本物をいつかゲージ越しで見てみたい・・・と思っても、
それを叶えることは現状難しいものなので、
今回のこの展示は親子ともに満足できるものだった。

息子が希望した常設展示場も見て回り、
「前にここへ来た時お母さんに〇〇って言われた」など、
再び訪れて記憶を呼び起こす事もありました。
(南伊豆の小旅行と似てます)

少し並び「はやぶさが回収した石」も見ることも(^^♪
お盆休み&場所柄もあり中々の盛況ぶり。

せっかく上野まで足を延ばしたので、
パンダを見にお隣の上野動物園へ移動。

2歳のお誕生日を過ぎた頃、
パンダを見に連れて行ったものの見た記憶がない息子。
念願叶うも当のパンダはお尻を向けて眠っていました。

子供たちが小さい頃は有名でなかったハシビロコウ。
あの頃は人知れずひっそりと飼育されていたのが、
通りに面した場所で脚光を浴びていました。

上野動物園は世界三大珍獣が飼育される動物園。
「ジャイアントパンダ」「オカピ」「コビトカバ」
ようやく記憶にとどめることが出来た息子です。

凄いと言えばもう一つ、
ポケモンGOの集団を目撃です。
スマートフォンを手に国籍問わず老若男女が
不忍池をグルグル走り回っているのに圧倒された。
私の中では上野=上野戦争が真っ先に浮かぶ歴史的な土地。
でも今はポケモンGO・・・(^^;)

数年ぶりに訪れた上野は違う顔をしていました。
そして次に訪れる時は子供たちは一緒でないかも。

とても切ない今日この頃。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント