FC2ブログ

--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/05/26 (Fri)

高校留学、理想のホストファミリー像

初めてのホームステイ。そして長期お世話になる。
娘も親も初めての経験です。親の心配は、

「家族の一員としてホストファミリーに受け入れてもらえるか?」

に尽きます。

日本で娘の心が弱った時、その拠り所は私たち家族。
留学中にホストファミリーがそれに変わる事が出来るか、
それがとても気がかりでした。

勿論、求めるだけでなく自分から家族と認めて貰えるよう
娘自身が歩み寄る事は、言うまでもなく当たり前の絶対条件。

冬休みに入る直前、
ホストファミリーが決まったよと娘から報告がありました。
実際はもう少し早く決まった旨担任から娘に連絡あったものの、
書面での連絡があるまで娘が連絡を止めていた・・・(^_^;)

渡航前からホストマザーと娘は連絡を取っていて、
ホストファミリーに会うのを楽しみにしていた娘でした。

現地アドバイザーさんと娘が報告する留学生活レポートが、
日本の高校経由で親に届けられるのですが、
それから読み取る限り「理想のホストマザーとファミリー」です!

日常会話で困る事はなく、
ホストファミリー&ペットたちとコミュニケーション取れている様子。
体調不良が続いた時やその原因を娘はホストマザーに伝え、
ホストマザー→アドバイザーさん→日本の高校

↑の件で、娘から話を聞いたマザーはすぐに、
現地アドバイザーさんへ連絡「一緒に(娘を)サポートしていきましょう!」と。
娘もホスト宅で過ごすのはリラックス出来ている様子です。

レポートを読み安心したのは、娘の前で、
飾らず、ありのままの生活をホストファミリーがしている事でした。
(娘が学校へ提出しているレポートから察せられます)
家族として受け入れて頂けているようで安心しました(#^.^#)

我が家はホストをやってみたいと思いながらも、
受け入れられない住環境の為、受け入れる事が出来ません。

もし、受け入れる時にありのままをさらけ出す事が出来るか・・・と言ったら、
難しいなぁ~


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。