2020/06/27 (Sat)

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演 in 銀座&新宿 千秋楽

EC30_01

2017年6月4日は記念すべき日。

DWE子供と一緒に旅をして・・・そろそろ12年!
から早いもので2年が過ぎました。
息子がDWEを卒業したのを機に、

「DWEの記事は書かない」

と決めたにも関わらず、
今回これを破るのは先にも書いたように、
我が家にとって2017年6月4日は記念すべき日でした。

イングリッシュ・カーニバル(EC)が30年続いてきたのは、
マーク先生を始めWFクラブに携わられた先生方に加え、
歴代のDWE先輩方のご尽力あってのもの。
どれが欠けても成し得ることは出来ません。

「マーク先生と一緒に歴代のDWE先輩方が今のWFクラブを牽引し、
 現WFクラブを築き、私はその恩恵を受けていたのだ・・・。」

そう思う光景を目の当たりにする機会に、
DWEをスタートしもうすぐ14年と言う節目で出会いました。
先生方との絆の深さ、漂う温かい空気を
肌で感じる瞬間に立ち会えた幸運なDWEユーザーは、
おそらく極わずか・・・じゃなかろうか。

憧れのDWE大先輩、
大川世令奈さんのご両親にお会いするという、
長年の夢が叶いました!!

WFクラブやECでマーク先生や先生方から発信される
たくさんのメッセージをしっかりキャッチ&反映し、
また英語と言うツールに捉われず、
子供の好奇心や可能性を探求した子育て。
親子の信頼関係や家族の絆。親の心構え。

世令奈さんのお母様とは文章のやり取りで
お話を伺う機会は何度もありましたが、
実際にお会い出来たのは初めてでした!

DWEの先輩としても人生の先輩としても、
とても頼もしく素敵なお人柄で憧れのお母様です。

DWE大先輩ご夫婦から魔法をかけられ、
夢の余韻を引き連れたまま公演がスタート。

世間より大きく出遅れ30周年特別記念公演を満喫しました!

昔から週末イベントもECも登場するソングの確認をせず、
いつも実際のショーで、その場で楽しんできました。
インプットが足りていれば、敢えて知る必要はありません。

真っ白な状態で観た30周年特別記念公演は、
スタート直後から「娘がいたら良かったね!(涙)」と。
この台詞を息子、主人と共に何度呟いた事か。

娘は現在他国で学校生活を送っています。

彼女が日本を旅立つ前、

「30周年特別記念公演を代わりに見るように!」
「DVDが出るなら必ず買うように!」

の指令とマーク先生への手紙を預かっていました。

その任務を無事遂行し、
私が成した偉業の報告写真を送ったところ、

「はぁ??お母さん何やっちゃってんの???」

事情がよく呑み込めていない様子でした。
息子も何が起こったか解らぬまま、
想定外の出来事を後に振り返り、

「もの凄い1日だった」と。

マーク先生とWFクラブの歴代の先生方が繋げて下さった、
人とのご縁に感謝の尽きない記念日となりました。

千秋楽の2017年6月18日最後の最後の最終回、
これにも参加する事が出来ました。

私は30周年記念公演を実際に観る事が出来た、
これまた幸運なDWEユーザーでした。
SNS上でたくさん公演内容を拝見しますが・・・
まだDVDが発売されていない状況ですので、
その内容がどんなものであるのかは触れずにおきます。

昨今、中学2年生の息子は場違いと感じているようで、
いつもECでは恥ずかしそうにしています。
でもその息子がこの公演に限り、

「歌い、踊り、先生方と一体化」

していました。
息子の歩みと一致していたからでしょう。
本当に楽しそうにしていたので、
その様子を主人と目撃し大変嬉しく思いました。

6月4日の帰りがけ息子から、
「凄かった、観に来て良かったよ!!」の言葉まで飛び出し、
千秋楽の参加も「もう1度観たいから、いいよ」と快諾。
千秋楽が終わった後も、
「あんな凄いショーを観せてくれて、
 先生にありがとうって言いたい!!!」の言葉が。

私自身も、
あっ、これはイントロ聞いただけで娘が泣く歌、とか。
あっ、これは息子が大好きな歌でTEで何ヶ月も歌った歌だ、とか。
あっ、これはメンバーが足りないので一緒に歌い踊らされた歌だ、とか。
あっ、この曲に合わせて娘と息子が踊っていたな、とか。
あっ、これはリズム感の良い娘より、息子の方が上手だったな、とか。
それを口にする度に「同じ事を何度も言っている」と主人に笑われ。

そんな主人も踊り過ぎ先生と同じぐらい、
汗びっしょりでショーを楽しんでいました。

過ぎ去りし幼い日の子供たちの懐かしい、
数々の記憶が思い出され、遠くにいる娘を思い涙。
声変わり真っ最中の息子の成長が寂しく涙。

どうして小さい頃のままでいてくれないのでしょうね。
懐かしい思い出はずっと残り続けるけど、
子供の成長を止める事は出来ないのだろうか。

ショーを見ながら頭を過ぎりました。

ECを観て「あの歌が離れない、頭の中に何度も出てくる~」
と母息子でシンクロしたものが同じだったり。
そんな事が何度かありました、その後該当するECのDVDを見たり。

そしてまた親子で楽し懐かしむ。

2017年6月4日と千秋楽を振り返り思う事の1つ目は、
「続けてきて良かった」です。

心からそう思いました。
DWEに限らずどんな事も続ける中で別れがあり、
また出会いや再び会える喜びに感謝する事もたくさん。
もう2度とお会い出来ないだろう・・・と思っていた先生に
再びお会い出来た事に本当に感激でした。

マーク先生やWFクラブの先生方にはECを通じて、
人としてどうあるべきか、どう生きるべきか、
親子や家族の在り方を考えさせられます。

長年マーク先生が仰っている、

「子供を信じる事」「人と違っていてもいい」
「自分らしく」「子供の夢を応援する」

これらの言葉を長きに渡って耳にしてきましたが、
実際に子供の夢を応援する立場になって聞いてみると、
衝撃が違います!強く強く心揺さぶられました。

マーク先生の言葉を舞台で再び聞き、
またDWEを介しての数々の出会い、
人とのご縁は、「長く続けてきた」からこそだと言えます!

2つ目は別媒体で発言した事がありますが、

子育ての難しさを例えに上げると尽きません、
中でも取り分け難しいのは「人と比べない事」です。

我が家DWEスタートは比較的早い方だと思いますが、
SBSやTEを活用する本格的なスタートは小学生になってから。

結果を直ぐに求めず、やみくもにSBSを繰り返したり、
CAP取得の為の課題提出にこだわらず、
コミュニケーションのツールに英語を足す感覚で、
DWEを楽しんでその先にあったのが卒業・・・
そんなDWE生活を過ごしています。

大きくなった今もそれは変わっていないな、と。

3つ目は、焦らず、人と比べず、子供の持つ力を信じて、
「自分たちらしく」で良かったです。

子供のペースや生活環境は皆違う。
小さいうちにDWE効果を表す取組みもあれば、
小学生以上でもDWE効果を表す取組みもある。
どちらも同じDWE教材とWFクラブのTEやプレイタイムなどの
会員向けサービスだけで英語の土台はしっかり作れます。

「DWE教材ってそういうものだよね」

先生方と共に歌い踊りながら、そう思いました。

最後は、
「DWEやWFクラブは英語を身につけるもの・・・だけでなく、
 子育てのツールに上手く取り入れ、親子の絆を深めてくれるもの」だと。

今でも家族仲良くいられるのはDWEとWFクラブの
マーク先生、WFクラブの先生方が発信して下さる、
温かいメッセージの数々が根付いており、
その影響はとても大きいと感じてます。

子供たちが大きくなった今でも家族内で、
ビックハグは当たり前の儀式となっています。

DWE子供と一緒に旅をして・・・もうすぐ14年!

娘は日本で培ったDWEでのおうち英語力が、
他国(英語圏)の学校生活に通用する事を証明しました。
コミュニケーションもばっちり取れるので、
ホームステイ生活も良好な様子。
国が違うだけで、
「良くも悪くも変わらない生活」を送っています。

DWEは凄し!!

息子は読み書き困難の学習障害を持ちながら、
DWEの母国語方式で無理なく英語を身につけた事が、
学校生活で大いに役立っています。
「学習障害を持つ生徒は外国語では特に苦労する傾向が強いのに、
 息子さんにその傾向が見えないのはどうしてでしょうか?」
と英語科教諭の担任に質問されました。

母国語方式も凄し!!

DWEを卒業し、大きくなっても、
それぞれの夢に向かい原人キッズの旅は続いております。

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演を観て、
どうしても伝えたい想い&残したい想いに突き動かされ、
今回限りの原人キッズのDWE英語子育てブログとなりました。

言葉を慎重に選び、書き綴ったつもりではありますが、
不快に感じる表現があった際、申訳ございませんがご容赦下さい。

また、超長文にお付き合い下さり、最後までお読み頂き、
どうもありがとうございます。

DWEで得た全ての出会いに心から感謝致します!!

Thanks a million!!!!!

マリー

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ

EC30_02

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

先日はありがとうございます。こちらの記事を読ませていただいて、おっしゃる通りだと、しみじみ感じました。
 私も、時が経てば経つほどDWEをやってきて良かったと、本当に心から思います。私のように英語ができない親が、家庭のみで英語育児…この無謀な挑戦もDWEがあったからこそここまでやってこれました。
う~にゃが生まれた頃は、なんとなく「がっちゃんもそこそこしゃべれるようになったし、せっかく教材があるのだから」という軽い気持ちで再びDWEをやることにしたのですが、子供が成長するにつれ、ボディーブローのように後から後からじわじわと「あの時これを学んだおかげでこれができるようになったんだ」と効果を実感すること、数えきれないほどでした。
 そして私も、大川世令奈さんがいらっしゃったおかげで、あの情報の少ない時代にDWEを信じてがっちゃんの英語育児ができたと思いますし、大川世令奈さんご家族の存在の大きさは言葉にあらわせません。
う~にゃが生まれてからは、マリーさん、サリーさん、ナツコさんをはじめとした諸先輩方がいらっしゃったことで、みなさんのご活躍を励みに、そして目標に、これまでやってこれました。
 おうち英語のみで、海外生活で通用する英語力が身についたという娘さんの存在、とても励みになります。我が家もいつかそんなふうになれたら…(もっとがんばらなくては難しいでしょうけど)と、夢をいだきつつ、これからがんばっていく勇気をいただきました。我が家はがっちゃんのお古を使っているのでTEなどはできませんが、いつか時間をとってイベントには参加してみたいと思います(*^_^*)

また来年この記事を読ませていただいたら、さらに今とは違う共感が待っていることと思います。我が家はこれからもまだまだDWEが軸で進んでいくことになります^^

2018/06/22 (Fri) 22:36 | う~にゃママ #- | URL | 編集

Re: ★う~にゃママさんへ

う~にゃママさん、こちらこそ先日はどうもありがとうございました。

DWEは長く使い続けてこそ、その良さを実感しますよね。
最近はネットやSNSでたくさん情報を収集でき便利だなと感じる一方、
その情報に振り回されるお若いユーザーさんをたくさんお見かけします。
ネットやSNS世界は極彩色ですがパステル調の日常が、
「子供が成長するにつれ、ボディーブローのように後から後からじわじわ」
これに思わず吹き出してしまいました(笑)そして同感です!!!

子供たちが大きくなって改めて思うのは、
世の中の幼児英語教材とDWE教材の違い・・・です。
DWEは母国語方式で作られていると認識していたのですが、
この母国語方式の本当に意味と凄さを今改めて実感しています。
親が英語を話せなくても英語の先生にならなくても、
DWE教材だからこそ身につけられる事がたくさんある事を知りました。

最近思ったのは「DWEの壁や挫折や停滞期」について。
これもネットやSNSで度々話題に上がりますが、
効果を実感していらっしゃるう~にゃママさんを始め、私の友人たち、
そしてDWEの大先輩方の共通点を分析しました。

その結論は、
「無意識に母国語方式の利点をしっかり取り入れている」
ことが共通していると気が付きました。

英語を聞く、見る、話す、書く。
どれかだけ秀でていてもダメで総合的な英語力の均衡を保つ事が大切。
それが出来るようになるための英語土台作りに長けているのがDWE。
そこがDWE母国語方式が幼児英語教材との違いですね(^^♪

イベント我が家は参加しなくなりましたが、
教材と連動している内容が疑似体験出来るのでおすすめですよ。
いつか是非!!

P.S.TEは毎週続けています(*^^)v

2018/06/24 (Sun) 13:51 | マリー #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント