2017/09/24 (Sun)

意識をもって何かをさせる

7月に剥離骨折し、
9月の試合2週間前に通常稽古復帰。
回復期をほぼ設けず試合に臨んだことから、
試合後足首じん帯の炎症を起こして、
現在思うように稽古に行けない息子・・・。

骨折中と同じく上半身補強中心の稽古です。

上昇志向の高い時期は貪欲に、
常設道場で毎日稽古する道場生が必ずいます。

たくさん稽古する・・・
上達を望むのであればこれは大前提。

当然道場に足を運ぶ事に意識を持たねば継続出来ないので、
継続が出来ている事は賞賛に値するだと思う一方、
1度の稽古に込められる意識で当たり前ながら
その内容は濃くも薄くもなる現実があります。

ただ数をこなせば良い訳ではないのです。

「意識をもって何かをさせる」

息子は空手と学習塾の両立で週3ペースの稽古だけれど、
意識をもち稽古をしている。
具体的に意識って何ぞや?の部分も、
具体例を上げて主人は話してくれるので成程と納得出来ます。

空手の↑に関しては私はすっかり素人なので、
子供たちと同じ立場で稽古している主人がいるのは心強い。
師範の見解や先輩方のアドバイスなども、
主人経由で耳に入れる事が出来るので恵まれています。

技術面を高めるにはたくさん稽古をして体に覚えこませる、
加えて、意識して体を使う事で技術と精度が増し盤石な力が付く。

同じ年齢、同じ技術力で「意識」持って稽古をするorしないはあるし、
技術力が伴わなくても「意識」を持ち稽古をする人は、
素人目に見て帯色以上の技術を持っている。

「師範や先輩のアドバイスを素直に受け止め、
 稽古中にそれを意識する」

この難しい事が素直に出来るのに、
私が日々お願いする数々の事は見事にスルーな子供たち。

8月の留学レポートで娘が、
「早く空手やりたい」と言っているとアドバイザーさんから報告。
これはとても嬉しかった(#^.^#)

娘と息子これからも変わらず、
意識をもって空手と向き合い続けて欲しい。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント